「早く行かないと死ぬかも」で世界一周した日本人の人生観とは?

HAPPINESS:)5

こんにちは!

インタビューが趣味のまゆこです!

第5弾は日本人のたくさん!

わたしはカナダではライターのバイトしてるのですが、

そのメディアの担当者です!

「早く行かないと死ぬかもしれない」と思って、

大学卒業と同時に世界一周に出ちゃうような、

「キング・オブ・自由人」です笑

最終的に漂流したのがカナダらしい!笑

カナダではITの学校に通い、

フリーランスでお仕事をしてたそうですが、

今は日本に帰国して更に面白いことを企てているそうです!

世界一周、フリーランス、教員免許。

色んな経験をしたたくさんやからだからこそ話せる

体験談や考え方が盛りだくさんです!

ではいってみましょ〜

自己紹介

たくさん座禅と絶景

大出たけしです。

25歳です。男です。

日本に帰って1番食べたいごはんは、麻婆茄子です!

めっちゃうまいんよ!うちのおかんの!

「日本の中華」って、1番食べらんない気がするのね。

「中国の中華」だと食えるの。

「日本食の中華」って新しいジャンルつくってもいい気するぐらい、

独自の進化を遂げてると思う!笑

まゆこ
あ〜!ラーメンみたいな感じで?笑

そう!

レバニラとかもどこに行ってもないからね!笑

ほんと母親のごはんが楽しみ!

なんでカナダに来たんですか?

たくさん民族

あ〜、流れ着いたから笑

世界一周の最終地点。笑

日本にいる時からずっと世界一周したいと思ってたから、

大学生活はずっとバイトして、お金貯めてた。

大学卒業後はフィリピンで語学学校に通いながら勉強して、

そのあとオーストラリアでワーホリしながら半年間お金貯めて、

その後旅に出たのね。

安い国に。笑

東南アジアとか、中央アジア、インド、アフリカ、南米とかを旅して、

で最終的にここに辿り着いて。

カナダに着いた時にちょっと将来を考えて、

別にやりたいことはないと。

やりたいことはないけど、なにかを一緒にやりたい友達がいて。

でも、そいつとなにかをやるための資本金がなかったんだよね。

「資本金がない俺達になにが出来るのか?」って考えて、

何も分からないなりに、なんとなくITが浮かんで、

カナダでITの学校行に行ってみることにしたんだ。

まゆこ

へえ!すごい!

その学費はオーストラリアで貯めた分ですか?

そうそうそう!

で、今に至るって感じ。

まゆこ
実行力!すごい!

やりたいことはやる。笑

まゆこ

それがすごい笑

だって結局それが1番大切なことじゃないですか?

うん、まあそうだね。笑

それしか重要じゃないのかもしれない。俺は。

結構自己中に生きてると思う。

人生で最高な経験は?

すごい心に残ってることがあって、それも旅中の話なんだけど、

スペインからメキシコのカンクンっていう都市に飛んだのね。

その時航空会社の手違いで荷物がなくなる「ロストバゲージ」になっちゃって。

スペイン人の女の子も俺と一緒でロストバゲージだったみたいで、

「どうする?」ってなって。

そのスペイン人の女の子が、

「私知り合いいるから、その人の家行こうよ!」って誘ってくれて、

「まじかラッキー」って思って一緒に行ったのね。

そしたらなんか観光向けの島のビーチに着いて、

そこにテントが張ってあるのね笑

知り合いっていうのがそのテントに住んでる人たちで、

みんなストリートミュージシャンなの。笑

「全然家じゃねーじゃん!」って思ったんだけど、

その人たちと1週間ぐらいビーチで過ごしたのね。笑

シャワーとか全くないけど、

海がめっちゃ綺麗だからずっと海で遊んで。笑

その人達はレストランで音楽演奏してお金を稼いでたんだけど、

5人で演奏してたから、稼いだお金も5人で分けて一人分は相当少ないわけ。

でも、毎日ビール5人分買って。笑

明日の食費もないのに、

全部ビールに使っちゃうのよ笑

しかもその5人は一緒に旅してるわけじゃなくて、

ひとりひとり別々でたまたまその島に集まっただけなの笑

それがすごい俺にとって衝撃的で笑

ほんっとに「明日を考えない人たち」ってなかなかいないじゃん?

家もないし、「ただただ今を楽しんでる人たち」を目の前にして、

「人生ってなんだろう?」って初めて本気で思った

残念なのが、その人達はスペイン語しか話せないから、

言葉のコミュニケーションが難しかったことかな。

スペイン人の女の子は英語も話せたから通訳してくれたんだけど、

言葉よりも、一緒にのんびりしたというか。

なんか話すことがあったらその子を通じて話すけど、

言葉がなくてもあの人達は俺を受け入れてくれたし、

俺もあの人たち受け入れたし、すごくいい経験だった。

口で言うだけだったら「ああそういう人達もいるんだな」って分かるけど、

実際にそいつらを見て、「200円しか持ってないのに、ほんとに150円のビール買う!?」みたいな。笑

全然迷いもせずに。笑

まぁ何がいいとかは分かんないけど、

でも衝撃的な生き方だった。

まゆこ

確かにすごい衝撃。わたしも実際に会いたい!

てかそのスペインの女の子もすごいですね!笑

そのスペインの女の子もすごいよ!

すごい勉強熱心で、今は大学で考古学を習ってて、

今回はメキシコの考古学のコミュニティーに行くんだって。

そこに行くために、1人でヒッチハイクとかしながら回ったりとか、

お金を稼ぐためにアメリカに入って、農家で出稼ぎしたりとか!

(違法なんだけどね。笑)

次はアートの学校に入りたいらしくて、

「お金貯めないと〜」って言ってたけど、すごい勉強熱心な子だったな。

状況悪い中でも自分でひたすら頑張ってるっていうか、

そういうの、すごいかっこいいよね!

旅は色々あったな〜。

めっちゃ懐かしいな。

まゆこ

掘ったらもっと色々出てきそう!

ぜひ聞きたいけど、次の質問に行きます!(泣)

まゆこ

これ実際のミュージシャンの方たちがビーチで歌ってる様子!

ほっこりするよ〜!!

今のあなたの情熱は?

たくさんコスプレバイク

カナリエ(たくさんが担当、わたしがライターしてるメディアの名前)と、

さっき言ってた友達と次に起こす事業!

でも、なんなんだろう、

俺にとって「何に熱中してるか」はそんな重要じゃなくて、

「誰とするか」が1番重要なのね。

自分が好きな人となにか自分たちが「価値ある」と思えるものを作ってる瞬間がすごい最高だと思う。

だから「やるべきこと」を決めて、「やろう!」ってそれに熱中する感じ。

まゆこ

「最高」って思える人に出会えてることが最高ですよね。

それは俺もほんとにそう思う。

すごいことだよね、有り難い。

まゆこ

どうやって出会ったんですか?

教育大学なのね、俺。

その大学に10人くらいの算数コースっていうのがあるんだけど、

そいつがそのうちの1人で。

俺もそいつも結局教師にならなかったけど、

全然教育大学に合ってない、学校もサボり気味の2人で。笑

よく一緒に遊んで、「とりあえず面白いことしてえな〜」って言いながら、

大学時代ダラダラしてた。笑

そいつと一緒にいたら、やっぱり面白いんだよね。笑

大学時代はヒッチハイクとかもしたね!

1万円だけ持って、仙台から屋久島まで。

でも1円も使わずに九州の最南端まで行けたよ!笑

まゆこ

1万円キープしたまま!?

ご飯代とかも使わず?

うん、コメだけ持ってたから。

途中で奢ってもらったりして。笑

その旅が1番「感謝」を感じたかもしれない。

ただただ「貰う」っていう。笑

今でも「お返ししたいな」って思う。

たくさんヒッチハイクといい人

で色んな人に助けてもらいながら屋久島に着いたはいいけど、

俺たち屋久島に着くまで、屋久島って平坦かと思ってたの。

まゆこ

え、屋久島ってもののけ姫のモデルですよね?

平坦?笑

そうそう!

そしたら九州一の山って言われて。笑

全然山登る気なんかなかったのね。

しかも、屋久島の登山口までのバス代が片道800円ちょっとかかると。

鹿児島まで1万円はキープしてたんだけど、屋久島までの往復フェリー代を払ったから残り1400円くらいしかなくなっちゃってて。

で、俺たちの残金だと帰りのバス代が足んないのよ笑

そこで俺とその友達で揉めたのよ。

登るか登んないか。

俺は登るって言って、あいつは登んないって言って、

そっから別行動。笑

まゆこ

え?w

おれは1人で登って、あいつは1人で先に帰ってw

まゆこ

え?ww

帰りのお金足りないぶんはどうしたんですか?

俺は行きだけバス使って、帰りは歩いて帰ったw

友達は1400円で温泉入って帰ったw

仙台まではそれぞれ1人でヒッチハイク。

まゆこ

待ってw

おもろすぎる笑笑

もう、みんないい人なのよ、まじで。

めちゃくちゃいい人だった。

その冒険心はどこから来てるんですか?

ん〜「知りたい欲」がすごいのかな。

まゆこ

何を知りたいんですか?

「自分がどうなるか」を知りたい。

アフリカ行った時も東を縦断するコースが一般的なんだけども、

そっち行ってもみんな行ったことあるし、

ネットで探せばどうにでもなるじゃん?

それは面白くないな〜って思ってて、

なんか、知らないこと起きたほうが面白くない?

それだけなんじゃないかな?

だからネットで全然情報がない西の方に行った!

まあその結果マラリアとかかかってるんだけどw

まゆこ

マラリアかかったのはほんと笑いごとじゃないからw

てかそもそもなんで世界一周しようと思ったんですか?

「早く行かないと死ぬかもしれない」と思ったから。

死を本気で意識するようになったのは、

ほんとに「死が近い」っていう体験をしてからかもしれないけど、

その前は、どっちかっていうとロジックてきな感じなのかな。

「だれも生きることは保証してくれないし、だったら早く行こうかな」って感じだと思う。

覚えてないけど。

でも「死が近い」体験をしてからは、たまに死ぬのがほんとに怖くなる。

すごい疲れてる時とか。

「俺今死んでいいの?」みたいな。

まゆこ

「死が近い」体験ってマラリアとかですか?

マラリアもだね!

あと、アフリカでドゴン族っていう民族に会いに行ったんだけど、

ほんとに誰もいない崖の上を1人で歩いてる時、

めちゃくちゃ豪雨が降ってきたの。

めちゃくちゃ豪雨だし、隠れるとろもないし、誰にも頼れないし、

「もうほんとに死ぬんじゃないかな?」と思ったね。

なんかその時のこととかもたまに思い出すと、

「やべぇ死ぬ」って結構ほんとに思う。

まゆこ

なるほど、だからやりたいこやるし、

実行力あるんですね。

将来どうなりたい?

たくさんとイケてる外国人

う〜ん、

美味しいご飯は食べたいな〜

「あ、さんまの季節だね〜」って思い出して、さんま食えるようになりたい。

「あ、花見行きたいね」って言って、好きな人達と花見いけるようになりたい。

「インドにゲストハウス建てたい」って思って、次の日には建てられるような笑

まゆこ

それは経済的にも、仲間的にもってことですか?

どっちも。

ま、経済的なことはどうにでもなると思ってるから。

まゆこ

じゃあじゃあ既に叶ってるんじゃないですか?

「〇〇したい」って思った時にできる人がいるじゃないですか?

うん、確かになってるかもしれない。

じゃあこれを維持!笑

う〜んでもどうなんだろ、今に満足してるわけではないんだよね。

信用はもっと必要だよねきっと。

信用があれば経済的な支援もあるし。

あとまだまだ時間を無駄にしてることがあるなって思っちゃう。

飛行機も直行便買えないもん俺。

だから中国で乗り継ぎしないといけない。

そこをもし直行便買えてたら、俺の時間はもっと増えるわけじゃん?

そういう部分では、もっと改善できるなって思うけどね。

それぐらいかな。

自分のこと好きですか?

好き!

だけど、もちろん嫌いなところもある。

まゆこ

例えば?

どこだろうな、すごい弱いとことかかな?

まゆこ

弱い!?

どこが?

辛いことなんて色々あるわけやん?海外で。

そゆ時、ひたすら辛いのね。

その度に日本に帰ることもできたわけじゃん?

でも俺ってそいういことが出来ないんよね。

まゆこ

プライド?

あ〜プライドもあると思う。

プライドもあるんだと思うんだけど、う〜んプライドなのかな?

逃げるのがすんごい怖いのね、俺は。

「ここで逃げたらずっと逃げちゃうんじゃないのか?」っていつも思っちゃうんよね。

なんかフリーランスの時とか顕著だったんだけど、

「このクライアントの要望答えられなかったら、これからもずっと逃げちゃうんじゃないのか」とか。

それが結構自分を苦しめてるというか。

逃げてもいい時は結構あると思うんだけど、それが出来ないんだよ。

まぁでも好きだよ!笑

人生を謳歌してますか?

たくさんトラクター

謳歌してます!笑

自分の好きなように生きさせてもらってます。笑

まゆこ

謳歌してても、「もういつ死んでもいいや!」じゃないんですね!

今が楽しいから、死にたくないよね。

楽しいの奪われちゃったら、ね?笑

まゆこ

うわ〜みんながそう思えたら自殺者いなくなるのになあ。

そうだね、そうなるといいね。

でも来るんじゃないかな?そういう未来!

ベーシックインカムとか投入されてさ!

で、みんな働かなくて良くなって。

そうなった時日本人って何するんだろうね?

海外の人って結構やることありそうじゃん?

趣味とか色んなとこ旅したりとか!

でも日本人ってさ、どうしたらいいのか分かんなくなっちゃいそうじゃない?

まゆこ

うん、なにしたいか分かってない人が多いイメージですね。

何が好きとかも。

例え家族を持ってる人でもさ「家族といる時間が1番好き!」って人も少ないよね?

なんか責任感が強すぎるというか。

責任感という盾を使ってるというか。

責任感という盾を使って好きなことをしようとしない。

まゆこ

そう思います。ベーシックインカムが導入されたとしても、それこそ「家族のため」という盾を使って、安定とかハイスペックを追う気がする。

どうしていいか分からなそうだよね。

日本人ってクリエイティブだと思うんだけどな。

人が資源だからね。

まゆこ

でもそんな未来が来たらいいですね!

カモ〜ン!

MOTTOは?

「感謝」

これ載せないでほしいわ。「感謝」ってこっ恥ずかしいわ。笑

ありきたりだし。笑

なんかもっとクソ野郎みたいな言葉がいいな〜

うーんでも、

すんごい色んな人に生かしてもらってるなって思うから、

やっぱり「感謝」だな。

それこそヒッチハイクもそうだったし、

世界一周だってめちゃくちゃ色んな人に助けてもらったし、

それを許してくれる親もいるし、

関わってくれた人がたくさんいるし。

俺1人だったらなんも出来ないし、

相当つまんないよね。

だから俺のやりたいことの1つは家族をヨーロッパ旅行につれて行ってあげることなんだよね。

両親の新婚旅行がスイスだったらしくて、

山登りが好きだから歳取る前にもう1回連れて行ってあげたいね。

けっこうするよな〜

あああ、頑張ろう!

インタビューしてみての感想

いかがでしたか?

柔軟な発想で、自由で、実行力があって、

聞いてるだけでワクワクさせれるオーラを感じ取っていただけたでしょうか?

わたし的には「早く行かないと死ぬかも知れない」っていう考え方がすっごく刺さりました。

「やりたいことはやる、それしか重要じゃないのかもしれない」にも、グサッときましたね。

こういう人生観があるからこそ、自分の道を進めてるのかなぁ〜

ワクワクが溢れてるのに、どこか落ち着いていて、

自分の感情に忠実に行動できるひとはとってもかっこいいなと思いました!

明日も引き続きたくさんにお伺いした「世界一周してみて分かった日本」に関する記事を更新する予定です!

お楽しみに〜◎